オールインワンゲルってだめ?メリットデメリットは?

オールインワンゲルって便利のように思えます。

これ1個で化粧水・美容液・乳液・クリームなどの役割をこなしてくれたら、日々忙しい私たちは大助かりです。

でも、その一方、「オールインワンゲルなんてだめ」なんて意見もあります。

そこで、オールインワンゲルのメリットデメリットをまとめてみたので、参考にしてください。

まずはオールインワンゲルのデメリットから説明していきますね。

オールインワンゲルってだめ?デメリットは?

配合できる成分量は限りがある

オールインワンゲルは1個で大丈夫と便利ではあるのですが、やっぱり1つの化粧品では配合できる成分量に限りがあるのは事実です。

多くのオールインワンゲルは、いろんな美容成分が配合されているけど、その1つ1つの成分が少なめの可能性も…。

やっぱり化粧品、美容液、乳液(クリーム)などと分けることで、それぞれに必要な成分も多く配合しやすくなります。

なので、やっぱりオールインワンゲル1本であると、1つ1つの成分の効果が弱くなる傾向が。

そのオールインワンゲルの製品やその方の肌質にもよりますが、オールインワンゲル1本だとモチモチ感が足りないとの意見も多々見られています。

化粧水と乳液をわけた方が、きちんと浸透して乾燥しにくいとの意見も多いですよ。

便利だけど手抜き的であることは事実

オールインワンゲルは確かに便利ではあるのですが、スキンケアの手抜き的なやり方であることは事実です。

美肌と保つには、やっぱり丁寧にスキンケアすることが一番。

化粧水をぬってお肌に浸透させてから、乳液などでフタをするという手間はかかるけど、やっぱりお肌のことを気にかけているからこそできることです。

お肌に意識を集中するからこそ、普段から気にして美肌になるということはあるはず。

オールインワンゲルだど、どうしてもお肌への意識が低くなりがちで、結局肌荒れをひきおこすなんてこともあるとは思います。

お肌の調子や状態に合わせたケアはしにくい

お肌は季節の変化とともに、いろんな肌トラブルをおこしたりもします。

  • ニキビ
  • 日焼け
  • 乾燥
  • シミ

などなど、その時期でお肌の悩みが異なる方も多いと思います。

その時期のお肌の状態に合わせて対策するのがいいのですが、オールインワンゲルだけであるとやっぱり個別対策はやりにくいです。

肌に合わない時は、原因がわかりにくい

オールインワンゲルには多くの美容成分が入っていることが多くて嬉しいです。

しかし、もし使っているオールインワンゲルがお肌に合わなかった場合、どの成分が自分に合わないかわかりにくくなります。

化粧水や乳液など分かれていると、少しずつ変更しながらどれが悪いかを特定しやすいです。

オールインワンゲルのメリットや使い方は?

子育てや仕事など時間がない人には便利

デメリットの一方メリットもあります。

オールインワンゲルは子育て中の方や仕事が忙しい方など時間がない方にはかなり便利です。

赤ちゃんや小さい子供がいたら、お風呂上がりはバタバタして自分のケアができないもんですよね。

そんなときにカピカピのままにお肌をほっておくのではなくて、オールインワンゲルをサッと塗るだけでも全然違います。

また、普段もお仕事や家事などで忙しくて、なかなかスキンケアの時間がゆっくり取れないなんて方も多いと思います。

特に朝なんて本当に忙しいですよね。

そんな忙しい方のスキンケアにオールインワンゲルってかなり役立ってくれます。

面倒くさがりにもいい

オールインワンゲルはやっぱり面倒くさがりな方にもおすすめ。

洗顔後に、化粧水や美容液をつけてから乳液などでフタをするって本当に面倒ですよね。

1日くらいでしたら全然大丈夫ですが、毎日となるとなかなか大変なもんです。

それで結局、お肌のケアがおこたってしまうのであれば、オールインワンゲルを使ってスキンケアをした方が断然お肌のためになります。

美容のスタッフやメーカーの人はオールインワンゲルの否定派の人も多いけど…

オールインワンゲルのメリットの話と少しだけずれますが、美容部のスタッフやメーカーの方でオールインワンゲルを否定的に言われる方も多いです。

上で取り上げたようなデメリットがあるのは事実なので、良心的な方は伝えてくれているのかもしれません。

ただ、オールインワンゲルを否定しているのは、『売り上げが減るから』ということもかなり影響しているような…。

オールインワンゲルだけ買われたら、化粧水や美容液などのセットを買われるより、かなり売り上げが減ってしまいますもんね。

美容部のスタッフからしたら、多くのアイテムを買ってもらいたいので、オールインワンゲルを否定している方もいらっしゃると思います。

在庫管理もしやすい

オールインワンゲル1つだと、やっぱり在庫管理がかなりしやすくなります。

私たちが日々仕事や家事、雑務、子育てと忙しくて、化粧品の在庫管理をシンプルにできたら助かるって方も多いと思います。

「あの化粧水が少なくなってきたから注文しなければ(買いに行かなければ)、」なんて思っているのって結構なストレスにも…。

もちろんオールインワンゲルも無くなっていくので、そのようなストレスはありますが、化粧水、乳液、美容液など分かれている場合に比べて、ずいぶん管理が楽になります。

旅行時などに持ち運びに便利

オールインワンゲルは旅行時など外出時の持ち運びに便利です。

化粧水や乳液などバラバラだと、1つ1つどうしようかと頭を悩ましてしまいます。

  • 旅行用の小さい製品を買おうか?
  • 旅行用のボトルに買ってきて1つ1つ入れようか?

などなど色々考える必要があります。

オールインワンゲルですと、そこまで大きくないものも多いので、旅行カバンに入れたらいいだけ。

もしかさばるのが嫌なら、使う分だけ旅行用のケースに入れて持っていけばいい感じです。

旅行時もシンプルにすることができて、旅行本来の計画のことなどに頭を使うことができます。

お肌への刺激が少なくできる

お肌に刺激を与えすぎるのは良くないとも言われています。

化粧水や乳液などをわけて使用すると、どうしてもお肌へ触れる回数や摩擦する回数が多くなって刺激も多くなることに。

もちろん刺激が少ないように丁寧にケア出来たらマシだとは思いますが、なかなか時間がとれずお肌への刺激的なケアになってしまいがちなことも多いと思います。

なので、丁寧にケアできないのだったら、オールインワンゲルを使って時短でケアした方がいいのではなんて意見もあります。

オールインワンゲルのスキンケアは基本的にはその1回のみ。

お肌への刺激が少ないという意味でも、オールインワンゲルを選んでみるのもありかと思います。

別に併用してもいいのだから

オールインワンゲルを使っているからと言って、オールインワンゲルだけでスキンケアを終わらせる必要はないです。

普段はオールインワンゲルで時短して、時間がある時や何かが足りないと感じたときに併用するのもいいのではないでしょうか。

例えば、時間がない朝だけオールインワンを利用して、夜は美容液もプラスしてみたり。

また、乾燥がひどい時など足りないと感じる日だけ、美容液や化粧水を足しているって方も。

こんな感じで併用してみるのも、オールインワンゲルの便利さと他の化粧品の良さを組み合わせることができますよ。

自分のお肌に合えばかなり便利ではある

オールインワンゲルのメリットデメリットを紹介しました。

オールインワンゲルがお肌に合っている方は、ずっと長く使っている方もおられます。

お肌をチェックしてもらったけど、オールインワンゲルだけで肌状態が良かった方も多いです。

お肌に合えばオールインワンゲルだけで大丈夫になるので、かなり便利ですよね。

もし、どのオールインワンゲルを使われるか迷われているなら、保湿をアピールしているオールインワンゲルを使えばいいでしょう。

保湿は全てのお肌ケアの基本。(脂性肌の方も適切な保湿で、過剰な皮脂分泌を抑制することができます)

そんなオールインワンゲルでおすすめがあります。

当サイトの名前も見ると、うすうす何を勧めてくるのかわかっているとは思います(笑)

そうです、メディプラスゲルです。

メディプラスゲルは66種類の美容成分が豊富に含まれていて、保湿に定評があるオールインワンゲル。

無添加で安心して使用もできます。

ただ、いきなりメディプラスゲルのことを勧められても、あまり信用できないかと思います。

そこで、次の記事ではメディプラスゲルの悪い口コミをあえて取り上げているので、読んでみてくださいね。

メディプラスゲルの口コミって悪い?効果は?あえて悪評を紹介!|

また、メディプラスゲルの成分が危険がないのかも、次の記事でチェックしているので参考にしてください。

メディプラスゲルの成分は安全性はあるの?危険がないかチェック!|